twitterでは資格や業界ニュースなど発信中☜

1級土木施工管理技士 実地試験の出題パターン「問題②、⑦ 土工問題」

猫さん

1級土木施工管理技士の実地試験の選択問題②と⑦にあたるのが土工関係に関する問題だね

きょうこ先生

過去の出題パターンを把握しておけば自分の記述練習もはかどるよ。

1級土木施工管理技士試験の実地試験の選択問題②と⑦にあたる経験記述問題は、

土工に関する記述問題です!

出題の形式は、

「穴埋め部の単語を記述する問題」

「答えを記述する問題」

の2つになります。

どちらも過去問をしっかりとこなせば対応可能なレベルです!!

平成30年(2018年)

問題2

盛土に関する数値や単語の穴埋め問題

問題7

盛土材料の改良に用いる固化材に関する項目について,施工上の留意事項を記述。

①石灰・石灰系固化材 ②セメント・セメント系固化材

平成29年(2017年)

問題2

構造物と盛土との接続部分において段差を生じさせない為の留意点の穴埋め問題

問題7

載荷盛土工法、サンドコンパクションパイル工法、薬液注入工法、荷重軽減工法、押え盛土工法

から2つ選び概要と効果を記述

平成28年(2016年)

問題2

建設発生土に関する用語の穴埋め問題

問題7

仮設排水の目的、仮設排水処理の施工上の留意点をそれぞれ記述

 

平成27年(2015年)

問題2

軟弱地盤対策工法に関する用語の穴埋め問題

問題7

構造物と盛土の接続部の不同沈下などの段差を抑制するための施工上の留意点を記述

平成26年(2014年)

※平成26年以前は土工問題は問題2と問題7ではなく、問題2内で2問出題されておりました。

問題2

建設発生土の再利用、軟弱地盤対策工法に関する穴埋め問題

問題2

山留工法における掘削底面の破壊現象を2つあげその対策方法を記述

 

平成25年(2013年)

問題2

盛土施工時の排水対策に関する穴埋め問題

問題2

「掘削置換工法・盛土補強工法・サンドドレーン工法・深層混合処理工法・ウェルポイント工法」

から2つ選び工法の説明と効果を記述

平成24年(2012年)

問題2

鋼矢板土留工法による掘削時の留意事項の穴埋め問題

問題2

切り土法面の崩壊等を予防する為の施工時における法面チェック項目を2つ記述

平成23年(2011年)

問題2

盛土工の留意点の穴埋め問題

問題2

「押え盛土工法,軽量盛土工法,盛土荷重載荷工法,深層混合処理工法, サンドコンパクションパイル工法」

軟弱地盤工法を2つ選び概要と効果を記述

平成22年(2010年)

問題2

構造物と盛土の接続部の不同沈下対策の穴埋め問題

問題2

切土法面排水工法の必要性、高含水粘性土利用時の留意点を記述

平成21年(2009年)

問題2

土留支保工の目視点検項目と各計測時における対策工の記述

問題2

種子散布工、植生基材吹付工、現場打ちコンクリート砕工、吹付砕工の目的と留意点を記述

平成20年(2008年)

問題2

土留壁に関する穴埋め問題

問題2

高含水比粘性土の盛土利用時の改良方法2つあげて留意点を記述

 

コチラの↓↓↓の記事では信頼と定番のおすすめ過去問集を紹介しておりますので参考にどうぞ。

1級土木施工管理技士試験に合格出来るおすすめ過去問はコレです

1級土木施工管理技士試験対策に役立つ記事です

過去問と対策方法のまとめです↓

1級土木施工管理技士試験 過去問と対策学習法まとめました!

合格率の紹介です↓

【最新情報】1級土木工管理技士試験の合格率・難易度などが分かります

実地試験の経験記述の出題パターン

1級土木施工管理技士 実地試験の出題パターン「問題①経験記述」

実地試験の土工問題の出題パターン

1級土木施工管理技士 実地試験の出題パターン「問題②、⑦ 土工問題」

実地試験のコンクリート工の出題パターン

1級土木施工管理技士 実地試験の出題パターン「問題③、⑧ コンクリート工問題」

実地試験の品質管理問題の出題パターン

1級土木施工管理技士 実地試験の出題パターン「問題④、⑨ 品質管理問題」

実地試験の安全管理問題の出題パターン

1級土木施工管理技士 実地試験の出題パターン「問題⑤、⑩ 安全管理問題」

試験日程↓

【2019年】1級土木施工管理技士の試験日程を紹介

猫さん

1級土木施工管理技士 実地試験の過去問です↓↓

平成29年度 過去問(2017年)

平成28年度 過去問(2016年)

平成27年度 過去問(2015年)

平成26年度 過去問(2014年)

平成25年度 過去問(2013年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: