twitterでは資格や業界ニュースなど発信中☜

1級建築施工管理技士・実地試験「経験記述」の対策講座

1級建築施工管理技士 実地試験「経験記述」の学習をする前に読んで欲しい講座

 

猫さん

1級建築施工管理技士の経験記述が一番学習しにくくて夜も眠れないよ、、

きょうこ先生

おおげさだな~、経験記述も学習し始めは大変だけど、自分の記述パターンを確立すれば安心して試験に臨めるから安心してね!今回は経験記述の概要をざっくりと紹介しておいたから雰囲気をつかんでみてよ

 

1級建築施工管理技士実地試験における最大の難関といえるのが、

経験記述の問題です!

経験記述があやふやでは、他の問題が完ぺきでも不合格になるのがこの試験ですので、

最大限の労力をここにかけておくべきかと思います。

猫さん

自分の経験をただ書けばいいなら別に難しくもないんじゃないのかな~?

きょうこ先生

試験本番ではそうもいかないものだよ。出題されるテーマを想定して自分の経験を記述する練習をしっかりしていないと、本番で焦りまくって撃沈したり、記述内容が的外れになってしまう受験者は多数いるんだよ。

特に若手の受験者は現場数も少なくて、自分のレパートリーもベテランよりも少ないのは当然です。

しっかりとした記述練習をしておきましょう!!

1級建築施工管理技士試験のおすすめ過去問集・学習法はコレです!

最初の対策は敵を知る事!

それでは最初に、

1級建築施工管理技士試験・実地の経験記述の問題構成を把握しましょう!

この平成27年度の経験記述問題をご覧ください↓↓↓。

 

経験記述問題の構成は大きく分けて3つのパートに分かれます。

 

1 「工事概要」

2 「工事概要に基づく経験記述」(1で示した問題)

3 「工事概要に基づかなくても自分の経験した内容の記述」(2で示した問題)

 

ざっとこの3部構成となります。

これは毎年変わりませんし、今後も大きく変化はしないと思います。

この3つの記述がある事はお分かりになったと思います。

 

それでは、

それぞれを個別に記述方法などについて紹介します!

 

「工事概要」の書き方

 

工事概要の書き方を説明します。

①工事名

工事名は、

〇〇ビル新築工事、〇〇マンション改修工事 

など必ず建物を固有名詞で記述します。

注意点は、絶対に建築工事に区分される工事である事!

「〇〇ビル汚水管改修工事」などは管工事ですので建築施工管理技士の経験とはなりません!

そして、4000万円(建築一式工事6000万円)以上の工事を記述しましょう。

2級建築施工管理技士ならいざ知らず、今回は1級ですので小規模の工事はあまり印象が良くないイメージがあります。(※金額がいくら以上などの規定はありませんが、、、)

 

②工事場所

〇〇県〇〇市〇〇区1丁目1の1

このように住所の記述は何丁目の何番地までを完ぺきに記述して下さい。

これは結構記述練習しないと本番で

「あれ!、、何番地だったっけ?」

と焦るパターン多いので念入りに!

 

③工事の内容

工事の内容は繰り返しますが、建築工事ですよ!

工事の内容は、新築、改修のどりらを選んでもOKです。

新築は、

建物用途、

構造、

階数、

延べ床面積(又は施工数量)、

主要な外部仕上げ、

主要室の内部仕上げ

を記入します。

 

新築の場合の記述例

事務所、RC造、地下1階、地上9階、延べ面積6920㎡、外装:タイル張り、内装:床フローリング張り、壁、天井せっこうボード下地クロス張り

このような書き方でOKです。そこまで記述欄も大きくないですので簡潔に分かりやすく書きましょう。

 

改修工事の場合の記述例

事務所、RC造地下1階、地上9階、屋上改良アスファルトシート張替え面積560㎡、外壁磁器タイル張替え面積1880㎡

主要な改修工事の内容とその施工面積を記述していくのが書きやすいと思います。

 

④工期

工期は契約書にある通りの期間を記述します。

平成〇〇年1月~平成〇〇年8月

 

⑤あなたの立場

2級建築施工管理技士とは違い1級では「指導的立場」を経験している事が必須です!

当然ながら立場も、

「現場監督員」「主任技術者」「現場代理人」「現場所長」「工事主任」「工事監理者」

などの立場が想定できます。

間違っても「現場作業員」などと書かないようにしてください!

以上で工事概要の書き方の説明は完了です。

次はいよいよ経験記述の書き方を説明します。

きょうこ先生

工事概要に関する記述が必要になるので、双方が整合性がとれるような記述を心がけましょう!

 

経験記述の書き方はどうするの?

 

工事概要の次は、いよいよ2つの記述問題です。

 

問1が「工事概要に基づく経験記述」(①で示した問題)

問2が「工事概要に基づかなくても自分の経験した内容の記述」(②で示した問題)

 

猫さん

これだけじゃあ一体に何に関して記述していいのか謎なんだけど、、?

 

きょうこ先生

そうだね!記述ってのはテーマに沿って書いていくものなんだ。その出題テーマこそが大切なんだよ。

 

経験記述のテーマとは?

経験記述の問題には「出題テーマ」があります。

テーマとは、

「〇〇に関してあなたの経験をもとにして記述しなさい」

というような設定の事です。

 

具体的には

①工程管理

②品質管理

③建築副産物、環境保全

の3テーマです。

 

この3つのテーマパターンを基本軸として

1級建築施工管理技士の経験記述の問題は繰り返し出題されているんです。

テーマは3つで今年の出題予想を1つに絞ってそれだけを練習するというのは危険です!!

あくまでも

想定第1候補テーマ

想定第2候補テーマ

までは完ぺきに自分のものとしてお入れください

 

きょうこ先生

出題テーマのパターンはあくまでも学習前の下準備です。1級建築施工管理技士試験は単純ではありません。過去問で3つのテーマと出題内容などを全てチェックしておかないと万全とはいえないでしょう。

 

それではテーマを個別具体的にチェックしていきましょう!

 

テーマ① 工程管理

 

工程管理パターンの場合は、「施工の合理化」に関して問われます。

ここでいう「施工の合理化」には、

 

①工期の短縮(工法を変更して工期を短縮した!ってのが定番)

②省力化(機械を使用して作業員の負担を減らす)

この2つの視点を中心にして記述すれば良いでしょう。

 

工期の短縮の記述は、

「アスファルト防水密着工法➡改質アスファルト防水トーチ工法に工法➡工期を短縮した!」

というような感じのストーリ展開をします。

 

省力化との記述イメージは、

「せっこうボードの現場カット➡工場プレカット➡現場作業員の作業量を省力化!」

※プレカット最強時代が長らく続きましたが、受験生が皆プレカットで工期短縮!省力化!と記述しすぎるせいなのか分かりませんが、平成25年の試験では「プレカットの記述は不可とする」という条件が指定されました、、、プレカット以外の記述を練習しましょう!

猫さん

ひぃ~、、プレカット記述戦法で乗り切ろうと思ったけどがっかりだな、、さようならプレカット、、

きょうこ先生

「施工の合理化」では単に省力化方法、工期短縮方法だけを記述すればOKではありません。

平成29年度などは「品質を確保したうえでの施工の合理化で廃棄物抑制に効果があるもの」に関する記述が問われております。

「品質向上+合理化+廃棄物低減」という複雑かつ複合的な記述が求められる傾向は増加するような気がしますので他のテーマでもこのポイントは十分考慮しましょう!!

 

テーマ② 品質管理

 

品質管理活動に関する記述が求められます。

品質管理のイメージ

①要求品質・・工事発注者、設計者が要求する品質

品質管理項目・・要求品質を具現化する為に定める品質目標(試験や目視点検で対応)

ざっくりと単純に施工管理における品質管理をまとめるとこうなります。

 

発注者が求める要求品質などに対して、

施工者は品質管理項目を設定して

具体的な品質管理の試験などを用いて品質管理活動をしていきます。

 

記述イメージとしては、

要求品質・・・漏水の生じない防水層

品質管理項目・・平滑性の点検

理由・・・既存下地コンクリートはひび割れ、不陸が多く防水性を低下させる為

実施策・・・既存のコンクリートの不陸、ひび割れ部をモルタルにより平滑に補修した

 

かなり簡単に記述しましたが、だいたいこのような記述イメージですね。

問2では作業所における組織的な品質管理活動の方法などが問われます。

 

テーマ③ 建築副産物、環境保全

 

建築副産物、環境保全のパターンを簡単にまとめてみます。

建築副産物・・工事に伴い生じる物(資材、コンクリート、汚泥、残土などなどあらゆる物)

工事ではとにかくいろいろな廃棄物が生まれるので、可能な限り廃棄物を減らしたり、

再利用していきましょうという理念があります!

そこで、、

3つの再利用があります。

①再使用・・循環資源を全部、一部をそのまま利用しちゃう!

②再生利用・・循環資源を全部、一部を原材料として使用!

③熱回収・・燃やして熱エネルギーに変えちゃう!(ごみ焼却場とかのエネルギーかな)

 

簡単な記述イメージとしては、

「コンクリートがらを粉砕➡コンクリート骨材として再生利用➡環境負荷軽減!」

このようなイメージとなります。

具体的には他のテーマ同様に過去問を学習してください。

 

ざっくりとではありますが、1級建築施工管理技士試験における記述主要3テーマについての説明を終わります。

次に、

過去に出題された記述試験のテーマを紹介しておきます。

 

過去の経験記述問題の出題テーマを知ろう!

きょうこ先生

1級建築施工管理技士の実地試験「経験記述」問題における出題のパターンを紹介します。

昨年度までの出題ジャンルをチェックすることである程度は次回の出題予測が可能ですね♪

学習する上では今年に出題されるであろうジャンルを最重点で攻略するようにしましょう。

 

令和1年(2019年)

問1 以下に関する品質管理を実施した事例

① 工種名、要求された品質、及びその品質を実現させるために設定した品質管理項目

②  ①の品質管理項目を設定した理由

③  ①の品質管理項目について実施した内容及び留意した内容

問2 工事概要にかかわらず以下に関し記述

① 作業所において組織的な品質管理を行うための方法や手段

② ①の方法や手段で組織的な品質管理を行うことによって得られる効果

平成30年(2019年) 建築副産物・環境保全

問1 建設副産物対策の以下に関する記述。

① 建設副産物対策

② 工種名等

③ 対策として実施したことと実施に当たっての留意事項

④ 実施したことによって得られた副次的効果

問2 建設廃棄物の適正な処理の事例

 

平成29年 工程管理

問1 施工の合理化の事例記述

問2 品質確保した上での合理化であって、建設資材廃棄物の発生抑制効果があるもの

 

平成28年 品質管理

問1 品質管理活動の事例(要求品質、品質管理項目に関して)

問2 品質管理を周囲に周知、確認する方法

 

平成27年 建築副産物・環境の保全

問1 建設副産物に関しての発生抑制、再生利用

問2 産業廃棄物の適正処分

 

平成26年 品質管理

問1 品質管理活動(要求品質、重点品質管理目標に関して)

問2 組織的な品質管理活動とその効果

 

平成25年 工程管理

問1 施工の合理化事例(工種・部位、目的と実施内容、合理化になる理由、品質確保できる理由)

問2 施工の合理化方法であり建設資材廃棄物の縮減に効果がある施工方法

 

平成24年 建築副産物・環境の保全

問1 発生抑制、再使用、再生利用、熱回収、適正処分

問2 温暖化、熱帯林減少、水質汚染の対策

 

平成23年 品質管理

問1 品質管理活動(品質の目標、重点品質管理項目と定めた理由、実施した内容)

問2 組織的な品質管理活動、顧客の信頼を得る意味

 

平成22年 工程管理

問1 施工の合理化(工種・部位、実施内容、合理化の理由、品質確保の理由)

問2 「工期短縮」と「省力化」に関しての合理化内容とそうなる理由

 

平成21年 建築副産物・環境の保全

問1 発生抑制、再使用、再生利用、熱回収、適正処分(扱った資材、実施内容、結果とあなたの評価)

問2 温暖化対策の為の二酸化炭素抑制策を4つ記述

 

平成20年 品質管理

問1 重要品質の管理事例(取り上げた理由、定めた管理項目と管理方法)

問2 品質の良い建物を提供する為の施工とその意味

平成19年 工程管理

問1 省力化や工期短縮の為の合理化事例(工種、実施内容、そうなる理由)

問2 施工の合理化(具体的内容、合理化となる理由)

 

まとめ

出題のテーマや設問の内容はある程度は法則的になっていますね。

特に品質管理に関しての出題はとても多いのわかります。

平成29年は、

「施工の品質確保ができる合理化ができるうえでの廃棄物縮減」

というかなり難解な設問が設定されておりました。

平成25年では、

「工期短縮ができるうえでの廃棄物縮減」

という設問がありましたがそれをさらに難解になったような問題ですね。

1級建築施工管理技士の経験記述問題では、

出題のテーマと設問がワンパターンということがありません!!!

過去問で設問のパターンを自分なりにどのテーマにでも対応できうるようにする必要がありますね。

 

おすすめ過去問はコチラで紹介しています↓↓

1級建築施工管理技士試験のおすすめ過去問集・学習法はコレです!

きょうこ先生

1級建築施工管理技士の経験記述は2級建築施工管理技士のようにワンパターンではない事がわかってもらえたと思います。どのテーマのどのタイプの設問にも対応できる応用力が必要です。がんばりましょう!

きょうこ先生

1級建築施工管理技士実地試験の過去問はコチラです↓↓

平成29年度 過去問(2017年)

平成28年度 過去問(2016年)

平成27年度 過去問(2015年)

平成26年度 過去問(2014年)

平成25年度 過去問(2013年)

平成24年度 過去問(2012年)

平成23年度 過去問(2011年)

 

実地試験の過去問出題パターンを知ろう!

1級建築施工管理技士「仮設工事」問題の出題パターンを分析! 1級建築施工管理技士「躯体工事」問題の出題パターンを分析! 1級建築施工管理技士「仕上げ工事」問題の出題パターンを分析!
error: