twitterでは資格や業界ニュースなど発信中☜

【薄毛対策】髪の毛が薄くなる理由をとことん調べ上げてみて分かったこと

人間の見た目を劇的に老けさせる大きな要因が髪の毛の減少です。

私自身の会社だけで見渡してみても、同じ年齢の同期でありながら髪の毛が10代の頃の様に黒くて太い

人もいれば、おでこから完全に髪の毛が無くなって貫禄が出てしまっている人までおります。

入社時はみんなあんなに子供のような髪の毛だったのになぜ?

何があったの?

何がそうさせたの?

これは本当に疑問であり男女問わず永遠の恐ろしいテーマであると思います。

猫さん

僕自身も10代の頃は今よりも本当に剛毛だったな~、、

最近は髪の毛が細くなったな~、、、心配だよ

きょうこさん

大丈夫!髪の毛が薄くなるのは自然の流れで適切なケアをすれば多くの場合は改善出来るんですね。

改善する為の最大のポイントは早めのケアですので、時間との勝負ですね。

人が薄毛になる理由や改善策の有無、はげてきてしまった場合に出来る対処方法などを考えうる限り情報をかき集めてみました。

私自身は医者でも科学者でもありませんので、情報ソースは一体どの専門家が述べている事なのかは全て掲載していますので安心して読んでもらえると思います。

薄毛になる理由は?(第一三共ヘルスケア編)

きょうこさん

薄毛対策で有名な「カロヤン」シリーズを展開している第一三共ヘルスケアさんが解説する薄毛の理由を要約してみたのがコチラです。

薄毛とはどんな状態なの?

  1. 薄毛とは毛が抜け減ることや髪の毛自体が細くなること
  2. 1日150本以上抜けると異常脱毛(通常100本まで)

薄毛の要因として考えられる4つの理由

  1. 血液循環不良説(髪の毛は血液から栄養得て育つため)
  2. 男性ホルモン説(毛乳頭細胞が男性ホルモンの影響うける)
  3. 脂漏説(皮脂が毛穴に詰まり成長阻害)
  4. 頭皮緊張説(頭皮がつっぱり血流悪化で毛乳頭細胞に栄養がいきにくい状態へ)
毛乳頭細胞とは

毛乳頭に存在する細胞で、育毛促進因子であるFGF-7を産生したり、ヘアサイクルを正常に保つ働きをしています。この毛乳頭細胞が増えると毛髪が太く成長します。(この説明のみデミコスメティクスのHPより引用)

薄毛の進行パターンはコレ(第一三共ヘルスケア編)

きょうこさん

第一三共ヘルスケアのサイトから男性型脱毛症(AGA・壮年性脱毛症)の進行メカニズムを紹介しておきます。

 

  • 男性ホルモンが主な原因となる

  • ヘアサイクルが短くなり毛根が小さくなる

  • 毛根小さくなれば髪の毛が細く短くなる

  • 太く長い毛が無くなり細毛だけになる

  • 早い人は20代前半からこのサイクルへ

  • 遺伝やストレス、食生活、生活習慣も大きく影響していると考えられる

  • 男性ホルモンは薄毛に働くが、陰毛とヒゲは濃くする

そして第一三共ヘルスケアさんのサイトでAGA(男性型脱毛症・壮年性脱毛症)が始まったシグナルを紹介しています。

それはコチラ、

頭皮や顔が脂っぽい、毛が細く柔らかい、細くて短い抜け毛が目立つ、といった兆候があると、男性型脱毛症(AGA)/壮年性脱毛症になりやすいといわれています。(第一三共ヘルスケアHPより)

きょうこさん

脂ぎって髪の毛が細くて抜け毛、だれが見てもヤバイ状態ではありますが、思い当たる人は早く対処しないといけないということですね、、、

以上が第一三共ヘルスケアさんが解説する薄毛の原因です。

大正製薬さんの薄毛に関するWebサイトもチェックしていますのでご覧ください。

薄毛になる理由は?(大正製薬編)

きょうこさん

薄毛といえばリアップ!あの有名医薬品を展開する大正製薬さんのサイトでも薄毛の理由が解説されていますので以下に引用しまとめました。

薄毛になる原因は?

  • 薄毛・抜け毛には、頭皮の炎症、他の病気や薬剤の影響、そして老化など様々な要因
  • 特に多いのが壮年性脱毛症(一般的には遺伝性の薄毛または抜け毛)
  • ヘアサイクルは、成長期、退行期、休止期(通常、成長期の毛髪は全体の80~90%、休止期の毛髪は10~20%)
  • 壮年性脱毛症は、毛根にある毛包が成長期に十分に成長しないため、毛包がどんどん小さくなることで生えにくくなる。
  • さらに成長期自体が短くなっているため、髪の毛もしっかりと成長しないので薄毛になっていく
  • 1日の抜け毛が100本以上なら壮年性脱毛症の可能性
  • リアップのミノキシジル成分は壮年性脱毛症で弱った毛包を大きくする効果がある

きょうこさん

大正製薬さんでは1日100本以上抜ける状態になった人は薄毛コースに突入している可能性があるとしていますね。

薄毛になる原因のまとめ

きょうこさん

第一三共ヘルスケア(カロヤン)と大正製薬(リアップ)という信頼性の高い製薬会社からの薄毛の原因や進行パターンを調べてわかったことをまとめました!

大手製薬会社の薄毛対策情報をまとめたのがコレ!

  • 薄毛症状(AGA=壮年性脱毛症)の原因は多様である!
  • 原因は多様だが主な要因は男性ホルモンの作用である!
  • 薄毛症状になるかは遺伝要因が大きい!
  • 髪の毛が細く短くなり始めたら薄毛サイクルに入ってる
  • 1日100本以上または150本以上抜け毛は異常確定
  • 薄毛(AGA)の人は発毛サイクルが短くなっている
  • 薄毛(AGA)の人は毛根が小さく弱っている
  • 毛根が弱くなると太い毛は生えずより薄毛になる
  • これが続くと髪の毛が無くなった状態になる

きょうこさん

髪の毛は誕生して太く長く育っては抜ける!そしてまた同じ毛根から発毛を繰り返す発毛サイクルがありますが、薄毛になる人は髪の毛を生えさせてる大元である毛根が弱くなって毛も細いくなるし、ひどくなると抜けて生え変わることもなくなるということですね、、、。

リアップにしろカロヤンにしろこんなAGA(壮年性脱毛症)で弱まった毛根を再生しようとする医薬品です。

発毛サイクルが短いという最悪な状況を例えるならばこんな感じです。

弱まった発毛サイクルのイメージ
  1. 通常は発毛して6年程度は育つ髪の毛が1年で枯れる!
  2. 通常の髪の毛はメジャーリーガー生活20年で引退するような髪の毛
  3. AGAの髪の毛は少年野球1年目で引退してしまうやる気のない髪の毛

とにもかくにも毛根ががんばってくれないと薄毛は進行しちゃうんですね。

薄毛(AGA・男性型脱毛症・壮年性脱毛症)が始まってしまった人はどうすればいいのでしょうか?

きょうこさん

30代ともなれば多くの人は毛が細くなった実感があると思います。そのような薄毛サイクルの入り口に入ったと実感した場合の対処法もいろいろ調べていますのでぜひチェックして下さい。

薄毛対策は早いほど良い?

薄毛の原因は、製薬会社でも多用であるとしつつも、

主な原因は、「男性ホルモンの増加」、「遺伝的に髪の毛が減りやすい」などであり、それが大切な私たちの毛根ちゃんを年々弱めているということでおおむね一致しています!

さて、それでは薄毛が進むのを放置しておいて良いかと言えば、多くの方は「NO!」ですよね?

薄毛が完全に定着してダンディであればそれも良しです。

しかし、フサフサ状態から薄毛状態になりかかっているならば対処をするラストチャンスかもしれません。

壮年性脱毛症(AGA)の情報を製薬メーカーや専門医のサイトを通して情報を読み漁りましたが、共通して述べているのは「対処は早いほどいい!」という事です。

きょうこさん

早めに治療や自己ケアをスタートしたほど回復力は大きくなるので、10年後に大後悔するならば是非ともスタートをきってみましょう。

 

薄毛対策 レベル1 医薬部外品

薄毛対策の初心者が最初にトライするべきは、一般のドラッグストアで販売されているような医薬部外品ですね。

簡単にイメージするのは花王サクセスのスプレーなどですね♪ 医薬部外品のカテゴリーでヘアケア商品は多数あります。値段も1000円程度で購入できますしお手軽グッズです。

しかし、これらはあくまでも「医薬部外品」カテゴリーです。医薬部外品とは厚生労働省が「ある程度

は効果的な成分ある!けど病気を治療するほど能力は無いよ!」と定めるカテゴリーですね。薬用リ

アップなどのれっきとした「医薬品」とは全くレベルが違います。薄毛はそこまで気にしないけど今の

うちから対策はしておきたい!とう方が使って欲しいと思います。

薄毛対策 レベル2 医薬品

いよいよ「医薬品」の登場です。

「医薬品」のカテゴリーは厚生労働省が「病気に対して治療の効果がある薬だねコレは!」と定めている商品ですね。

製薬会社が自社の医薬品を厚生労働省に「医薬品」として認可してもらうという事はとても複雑で高度

な効果証明をする必要があります。「医薬品」として世に出すには、

  • どんな治療効果があるのか?
  • 効果がある成分は実際になんなのか?
  • 治療して患者が回復したデータで証明しているか?

などなどを相当長い年月をかけて証明する必要があるのです。

そんな中で壮年性脱毛症(AGA)の治療効果があると認可されて販売されている「医薬品」は薄毛が始

まった方たちには最初に試してみるアイテムだと思います。本気で薄毛を治療するなら最低でも「医薬

品」!ここからがスタートラインです。

市販のおすすめ壮年性脱毛症(AGA)治療薬はコレ!

 

市販の壮年性脱毛症(AGA)治療薬はどのような基準で選べばいいのか気になりますよね?

ズバリ言います。

「薄毛治療の有効成分であるミノキシジルが何%入っているかが選択基準だ~!!」

簡単ですよね。

市販の治療薬で薄毛に効果があるのは「ミノキシジル」という医薬成分なので、その成分の含有量がどれくらいかが効果の目安となります。

現在、市販の壮年性脱毛症(AGA)治療薬に含有されているミノキシジルの濃度は2種類あります。

「濃度1%」 または 「濃度5%」 です。

濃度1%よりも当然ながら濃度5%の薬の方が効果が高いです。効果が高いというメリットで頼もしいミノキシジルですが、気になるのが副作用です。データとしては100人利用者がいれば数人程度は副作用があるらしいです。

大正製薬のサイトではミノキシジルの副作用についてこう紹介されていますので参考にどうぞ。

質問:

最も頻繁に生じる副作用は何ですか?

答え:

塗布した部分に生じるかゆみと炎症です。このような症状が現れた場合には、ご使用をおやめください。 重症な場合であったり、症状が度重なる場合は、医師に相談してください。(大正製薬のサイトより引用)

医薬品なので異常を感じたら使用をやめようという事ですね。

市販薬の壮年性脱毛症(AGA)対策はこのような薬で行うことになります。どれも効果が実証されてい

る信頼のおけるものになります。

しかし、、市販の医薬品成分には一定の限界があるのも事実です。市販薬では効果が無い場合やより早

い治療を望む場合は壮年性脱毛症(AGA)を医者の助言のもとで治療するべきでしょう。

2000年代からAGA治療は一般化してきました。現在までに日本国内だけで合計700万人近い方が専門医の治療を受けています。ここまでくると壮年性脱毛症(AGA)治療は特別なことでもない一般的な治療だと言えますね。

薄毛対策レベル3 専門医のアドバイスで治療

薄毛治療で「市販薬」と「専門医」はどう違うのか?

気になりますよねココが?

それではまず最初に壮年性脱毛症(AGA)対策において市販薬とはどのような位置づけなのかを説明しておきます。

最初に知っておくべきことは、「市販薬は病院の薬より効果が弱い=病院の薬は市販薬より効果が高い」という事です。

有効成分であるミノキシジルだけをと見ても、

市販薬で塗り薬系でのミノキシジルの濃度は5%が最高です。しかし病院の塗り薬の濃度は高いもので15%など高濃度でも処方が可能になります。

「気になる後頭部に高濃度の15%ミノキシジルを塗り、おでこ上には弱めの5%濃度ミノキシジルを塗

る」などの濃度の使い分けをすることも自由自在です。内服と塗り薬の併用なども同様です。まさに病

院を利用するメリットですね。

さらに、市販薬は頭皮に塗る「塗り薬」しかありませんが、病院では「飲み薬」や「注射薬」などより

効果が高くなる薬も試すことが可能です。

このような多用な治療ができるのは「医学のプロである医者」が診察してくれるからですね♪

逆に市販薬は「薬剤師の助言はあるものの誰でも利用する薬」だと言えますね、、(コレが良い点でもありますが)

ドラッグストアで第1類医薬品は効果が高いので薬剤師が注意点などを説明してから販売するのが決ま

りです。でも医者が張り付いて常時診察してくれるというものではありません。

市販薬はいうならば医学の素人が自宅で好き勝手に薬を使用する事までを想定して効果を限定的にして

いる事がほとんどです。具体的には治療成分の濃度を医者が出す薬より弱めて販売しているのですね。

病院で医者が出す治療薬は医者が責任をもってすすめる薬であり、治療期間は常時通院して医者が状態

をチェックする前提ですので治療成分の濃度が高めでも安心です。異常があれば医者がなんとでも対処

してくれますので!

市販薬と病院の薬の違いは「治療成分の濃度の差」が大きい!という点が分かっていただけたかと思います。

さらには、病院で出される薬は市販薬にはない種類の薬が存在しております。(20年近く前まではリ

アップなども市販は一切認められておりませんでしたよ)

そんな壮年性脱毛症(AGA)の治療薬の詳しい説明をしていきますので、もしも市販薬で効果が無くあ

きらめている方も一度情報をチェックしてみてはいかがでしょうか?

病院で壮年性脱毛症(AGA)治療をする前にチェックして欲しいこと

きょうこさん

病院で壮年性脱毛症(AGA)の治療を開始しようと考えておられる方々の為に、「治療前に知っておいたらいいポイント」をざっくりとまとめて紹介しておきます。

病院で出される治療薬は何なの?

市販薬ではリアップやカロヤンガッシュなどが有名ですね。しかし病院ではその他にも違う種類の医薬品もあります。

病院で処方される事が多い医薬品はこれらです。

病院で処方される薄毛対策の医薬品
  • ①ザガーロ
  • ②プロペシア
  • ③ロゲイン
  • ④アロビックス

これらが有名な薬です。

具体的にどんな薬なのかも紹介しておきますね♪

①ザガーロ

最新の壮年性脱毛症(AGA)治療薬です。薄毛の最大の要因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンの産生を予防して、ヘアサイクルを正常に近づけることで発毛を促進する医薬品です。

②プロペシア

日本で最初に壮年性脱毛症(AGA)治療薬として厚生労働省が認可した業界のシンボル的な治療薬で

す!効果を実感する人がとても多い医薬品で人気があり、他の治療薬よりも副作用を感じる事が少ない

事でも知られています。

③ロゲイン

これは市販薬の「リアップX5」と実は全く同じ薬です。有効成分であるミノキシジルが5%濃度で含ま

れております。

逆に言えば市販薬のリアップは優秀だということですね!

④アロビックス

アロビックス液は、有効成分の「塩化カルプロニウム」を主成分とした塗布タイプの治療薬です。有名

なミノキシジル系の成分よりは効果が落ちるとされますが、紹介済みの「プロペシア」と併用が効果的

とされており併用を進める専門医の方も多いです。アロビックス治療薬はAGA治療薬でありながらも

ジェネリック医薬品(特許が切れて安くなった薬)ですので薬代も安いのがポイント!アロビックスを

30ml1本を保険適用で買うと約369円程度ですので高コスパな治療が出来ます。

壮年性脱毛症(AGA)は保険適用があるの?

壮年性脱毛症(AGA)には保険適用はありません。

治療費の全額が自己負担となります。

理由は「薄毛は生命存続に関わる重要な病気とは言えない」からですね。薄毛で死亡はしませんので、

あくまで自分の美意識の問題です。これは美容整形手術と同じですね。

ミノキシジルの場合ですと発毛効果が実感出来るのが平均で6か月後とされます。市販薬にしろ病院に

通うにしろある程度の治療費はかかります。

ただひとつ言えるのは、髪の毛の量が多い状態であるほど治療効果が早く出るので結果的に治療費が確

実に安くなるということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: